2009年01月25日

高血圧の基準

高血圧の基準は、収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上を保つ状態だとされます。
高血圧では上記の数値である場合、そう診断されますけれども、合併症を予防してリスクを抑えるには、正常血圧の収縮期血圧130未満、拡張期血圧85未満により近い、正常高値血圧(収縮期血圧が130〜139、または拡張期血圧が85〜89)であるのが理想的と考えられているようです。
血圧は病院などで測る時と、自宅で測る時では値に違いがあるとされますから、血圧を測るよう指導された時は、必ず条件を同じにして置くのがポイントです。
posted by えり at 09:04| 知ってますか?